女装のプロにいろいろと相談してみた話 後編

山田ん家
山田屋は妙に居心地のよいお店でござった。

ーーーーー

皆様こんばんはでござる(・∀・)ハーイ♪

前回記事『女装のプロにいろいろと相談してみた話 前編』にて、女装のプロこと「山田おじさん」を尋ねた拙者。

案内されたお店?は、想像と違い事務所っぽい佇まい。

拙者「ちょっと想像と違ったでござる」
山田おじさん「お店と言っても、倉庫と事務所と展示室が合体したような場所ですからねー」

なるほど〜。
室内にはウィッグや可愛い服、化粧品などが展示されていて、中央にはソファとテーブルが置かれています。

ソファでしばらく雑談。
山田おじさん現在38歳。女装歴はなんと20年とのこと!!!
とんでもない歴戦の強者(つはもの)でござる Σ(;´Д`)!!!!!!

山田おじさん「女装のクオリティに悩んでるんですか?
拙者「そうなんでござる、これが写メです」

本当はあまり見せたくないのでござるが……勇気を出して女装写メを見せます。

山田おじさんはしばらくそれ眺めてから、分析した結果を教えてくれました。

1.まず髭が濃い。これがクオリティを低く見せている最大の原因。
2.エラが張っているのも男性的な特徴だが、これはシェーディングと髪型次第でなんとかなる。
3.顎は小さいので髭対策とトータルコーディネートでかなり改善する。

とのこと!!!
おおおおお、なんだか希望が見えてきたでござる!!!

拙者の最大の敵は”髭”とのことなので、このアイテムを買ってみました!
ステージファデーションプロ
これは舞台役者さんにも愛用されている髭隠しで、現在手に入るものの中では一番だそうです。おお♪

そうこうお話しているうちにアシスタントさんがお茶を持ってきてくれました。
彼女(彼)も女装さんでした!! 社員まで女装とはどんだけ徹底してるんでござるか(;´Д`)?!!!

むむむむ、なんだか居心地がよいでござる。

で、結局レンタルロッカー契約しちゃいました(*´ڡ`●)てへぺろ
だって月/3,000円!!! めっちゃ安くね?!!!

拙者のボロアパートは初期設定の状態で手狭なので、女装専用の保管場所が欲しかったところだったのですお♪

ーーーー

そうして拙者は山田屋さんのご指南を受け、晴れて変身できたのでござる(●´ω`●)
さすがに素材が悪すぎるので、写メをお見せ出来るほどのクオリティではありませんが……職質されることはもうなさそう!!

親切に応対してくださった山田屋スタッフの皆さんには感謝ですお♪

これなら外出も大丈夫ですよ!
山田おじさんも太鼓判です。

ありったけの夢を詰めたボストンバッグ(女装用品)をロッカーに預けた拙者は、気持ちを新たに外の世界へと出て行くのでありました。

続く。

次回『女装侍、アキバへゆく』

では御免!!

女装のプロにいろいろと相談してみた話 前編

山田おじさん
この人が山田おじさんでござる!!
女装すると華麗な変身を遂げる、まさに”プロ”。

——-

皆様こんばんはでござる(。>﹏<。)♪

過去記事『チャレンジ!再びの女装外出』で、女装外出を成功させるべく女装友達のM子さんと秘策を練ったと書きました。
電車に乗るだけで気持ち悪がられ、街を歩けば職務質問される拙者の外見レベルをどうやって向上させるというのでござろうかッッッ!!??

それがあったのでござる……(・∀・)

その秘策とはーーー

女装のプロに相談すること!!!

……。

それだけ聞くと新宿◯丁目にいらっしゃる方々を想像してしまいますが、

ここで言う“プロ”とは、女装コーディネーターのような、普通の男性を綺麗に変身させるためのアドバイザーさんのことです。

その名は「山田おじさん」(`・ω・´)ゞビシッ

女装の通販サイト『三代目女装の山田屋』を経営され、普通のおじさんでありながら自ら可愛い女装子にもなってしまうという変態的にすごい人です。

一度プロパガンダでお話したことがあったのですが、なんでも通販だけではなくて事前予約すれば実店舗にも遊びに行けるらしいのですよ。しかも女装に関するアドバイスも無料で受けることが出来るのだとか?! これは行くしかないでござる(;´Д`)!!

さっそく電話してみました。

「お電話ありがとうございます」
中年男性とおぼしき声が出ます。山田おじさんご本人でした!!

ビビリでもある拙者はこの時点で緊張していたのですが……予約の要件を伝えると気さくな声で対応してくださいました。
ありがたいでござる(;´Д`)むむむ

……。

そして当日、拙者は大きめのボストンバッグにありったけの夢(女装用品)を詰め込んで、JR高◯馬場駅に立っていました。
あらかじめ調べておいた住所を頼りにお店を目指します。

山田おじさん曰く「わかりにく場所なので、近くに来たら迎えにいきますよー」とのこと。
なんて親切なのでござるろう(;´Д`)むむむむむむ

スマホのナビの案内が終了した地点で電話をすると「すぐに行きます」。

そして現れたのは……普通の小柄なおじさんでした。

え?この人が山田おじさんでござるか?????

初めてお会いしたときと外見があまりにも違いすぎて拙者は軽くパニックを起こします。

だってさ……

◯女装している山田おじさん(拙者の知っている姿)
山田おじさん

◯迎えに来た山田おじさん
山田おじさん

女装姿と違いすぎるうううううう(;´Д`)!!!!!

噂では異常な化け方をする方と聞いていましたが、想像を遥かに越えてたよ母上?

お店まで案内される間「拙者も変われるかもしれぬ」と微かな希望が見えた女装侍ござった。

女装のプロにいろいろと相談してみた話 後編』へ続く!!

ウィッグの洗い方とサラサラにするテクニック!!

  ウィッグの洗い方とサラサラテクニック

皆様こんばんはでござる(。>﹏<。)♪

今日は春らしくていいお天気でしたおね♪
予告通り、昼間に女装外出をしてきました!!!

結果は……大成功ですヽ(´エ`)ノわっふーーーい!!

M子さんと練った策が見事当たりました!!
色々と楽しいことがありましたので、レポートはまた後程まとめて書かせていただきますね♪

さて(;´Д`)
しばらく女装テクニックの記事を書いていなかったので、今回はウィッグの洗い方をご紹介しちゃいます。

何度も繰り返し被っていると、ウィッグも汚れてきます。
拙者のもくさいよ(*´ڡ`●)?てへぺろ

髪の毛のように毎日洗うわけにはいきませんが、定期的に綺麗にしたいものです。

押し洗い

ウィッグは基本押し洗いです。
洗面器にぬるま湯(熱いお湯だと繊維が変形、水だと汚れが落ちにくかったり、ぬるま湯がベストです)をはり、専用のウィッグシャンプーを入れてよくかき混ぜます。ウィッグを洗面器につけ、やさしく押し洗いしましょう。だんだん汚れが落ちて水が濁ってくるはずです。
汚れが落ちたら洗面器の濁り水をすて、ぬるま湯を出しながらすすぎます。

拙者が使用しているウィッグシャンプーはこちら。

ウィッグ専用シャンプー
ウィッグ専用シャンプー | みんなのウィッグやさん

ウィッグ専門店が出している商品だけあって、これだけでもかなりサラサラになります。
市販のシャンプーに比べてすこし割高に感じるかもしれませんが、女装レベル向上を考えれば1,000円の価値ありです(`・ω・´)ゞ

洗った後にプラス! さらさらテクニック

さて、髪の毛を洗ったあとってコンディショナーをつけますよね。
上記の専門店さんもコンディショナーを扱っているのですが、身近なものでも代用が可能です。

それは柔軟剤!!

そう。あなたもお洗濯で使っている柔軟剤です。
ウィッグは化学繊維でできているので、洗濯用柔軟剤と相性がいいのです。

やりかたは簡単。
洗面器に再びぬるま湯をはり、柔軟剤を溶かしてつけ洗いするだけ。
思い切って一晩くらいつけておくとめちゃくちゃサラサラになります。

ウィッグの乾かし方

洗い終わったら乾かします。
けっしてドライヤーを使ってはいけません。繊維が壊れてせっかくのウィッグが台無しになってしまいます。
たとえ耐熱ウィッグでも温風はあまりよくないのです。

洗面器から出したウィッグはやさしく絞り、よく水気を切ります。
そしたら大きめのバスタオルで包んでさらに水気を吸わせます。

手で持っても水滴が垂れなくなってきたら、ウィッグスタンドにかけて陰干しします。
日向干しはウィッグが痛む原因になります。

——

ちょっと時間はかかりますが、こういった努力の積み重ねが女装クオリティの向上につながるのですね(`・ω・´)ゞ

と、初心者のくせにやけに偉そうに語っていますが……拙者、これらのテクニックをとあるお方から教わったのでござる。

何を隠そう彼こそ、今日の女装外出大成功の立役者さんなのです!

詳細は次回書くでござるよおおおおヽ(´エ`)ノわっふい

御免!!

チャレンジ! 再びの女装外出!!

  女装外出、再チャレンジ

皆様こんばんはでござる(*´Д`)♪

乗りました!!!

山手線新型車両!!!!

毎日通勤で山手線使っているけど、乗ったのは初めてでござるん♪

拙者、電車のことはよくわからないのですが(ぢゃあ書くなよ(;´Д`)
この車両……顔がスマホの画面みたいって言われていると今日知りました(*´ω`*)

さて、連休ですねっ。
皆様はどう過ごされるでござろうか?

拙者はまた女装外出するでござるヽ(´エ`)ノわっふい

なんと無謀な!!
と思われた方もいらっしゃるかもしれません。
なぜなら前回の女装外出で職務質問されてるからでござる(*´ڡ`●)てへぺろ

警◯A「急いでるところごめんねー^^ これからお仕事?」
拙者「あ、あ……(恐怖と緊張で声が出ないでござる」
警◯A「お店に勤めてる人?
拙者「あわわ……」
警◯A「黙ってたらわからないから。手荷物見せてもらっていい?

にわかに厳しい口調になった警◯Aに震え上がり、かろうじて頷く拙者。
サマン◯タバサもどきのバッグを、もう一人の小太りの警◯が受け取り、がさがさと調べ始めました。

過去記事『女装外出して職務質問された話 後編』より抜粋

悪夢が蘇りますが、、、

負けたままでいる拙者ではござりませぬ。
拙者は武士なのですヽ(´エ`)ノわっふーーーい!!

しかもっっ、今回は女装友達のM子さんと職務質問されないための策を練ったのでござる♪

そして戦場は……秋葉原☆

その外出の様子は詳しくレポするのでお待ち下されい(`・ω・´)ゞ

では御免!!

レンタル男の娘というものがあるらしい

レンタル男の娘
この娘が”レンタル男の娘”。可愛いでござる!!!!

——–

皆様こんばんはでござる(`・ω・´)ゞ♪

最近、めっきり女装もせず可愛い女装子さんのブログばかり見ている女装侍でデュフフ(*´ω`*)

すっかりトラニーチェイサーでござるね(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

トラニーチェイサー
女装子や異性装をする人間を性的対象にして追いかける存在。

そんな拙者が“レンタル男の娘”という言葉を目にしたのは、ついさっきのことです(おぃ

え!? 男の娘がレンタルできるでござるか(;´Д`)ハアハアハア

(;´Д`)ハアハアハア

(;´Д`)ハアハアハア

お巡りさんこっちです!!!

まあ、卑猥な妄想は抑えましてな。

レンタルできちゃう男の娘、はじめました。
男の娘ってどんな人?実際に会って話してみたい、女装や化粧のアドバイスが欲しい、イベントに出演して欲しいetc…
男の娘が様々な要望にお応えします。

レンタル男の娘」公式サイトより抜粋

だそうで、健全な交流をするサービスなわけなんですな。

冒頭にも写真を乗せましたが、レンタル男の娘さんは“めかつ”さんという方だそうです。

……。

天使がいるでござる(*´Д`)

あまりにも可愛すぎて、もし拙者が呼んだら緊張して何も喋れないことは間違いないです。

すごいなー。
もしかしたら女性として生活されている方かもしれませんね。

もう完全に女性で、でも男という魅力がきっと人気の理由なのでしょうね☆

うーんいつか頼んでみたいです。
拙者は武士であり紳士。しっかりエスコートするでござるよ(;´Д`)ハアハアハア

逮捕!!!

「女装沼」の恐怖について教えてもらった話

  女装沼

みなさまこんばんはでござる(ヽ´ω`)きゅー

賞味期限切れのお寿司を食べてお腹痛い女装侍でござる。

食べてしばらくしてから期限切れに気づくという後の祭りな状況でしたが、日常生活でも取り返しがつかないことってありますおね。
交通事故とか、多額の借金、ギャンブル漬けで家庭崩壊などなど(´;ω;`)

実は拙者たち女装男子のあいだでも社会生活が崩壊している方々が増えているんだそうです!!

その現象を業界の識者(なんかいやでござる)は「女装沼に落ちる」と表現しているそうな……(ΦωΦ)

女装沼」!!なんだか怖い響きでござる(;´Д`)!!

拙者がこの言葉を知ったのは、先週末に参加したプロパガンダ(過去記事『最初で最後「女装ニューハーフ プロパガンダ」に行った話』)で某年配の有名女装さんとお話したときの事でした。

「◯◯ちゃんホルモン打ち出したって」
あー沼落ちしたね

……?

沼落ち?

なんでござろう(´・ω・`)?

その言葉が気になった拙者、思い切って聞いてみたのでござる(`・ω・´)ゞ

……。

聞かないほうがよかったかも(;´Д`)ガタガタ

かいつまんで言うと「女装沼」とは、女装にのめり込み過ぎて社会生活や家庭が崩壊してしまうこと、だそうです。

——

例えば……Aさんという30代前半の男性がいました。職業は営業。妻と小学生の子供との3人家族です。
職場ではノルマに追われて上司から虐げられています。安住の場所となるはずの家庭も、夫婦関係がいまいちです。

そんな生活の中、たまたま「女装」という趣味に出会います。
初めて女装サロンでお化粧をしてもらい、緊張しながらバー・ラウンジに出ると、お客の男性たちが「可愛いね」と褒めてくれます。
日常生活で他人から褒められる経験のなかったAさんはすっかり舞い上がってしまいました。

女装って楽しい!!
どんどんのめり込んでいきます。
自分で服やお化粧品を買い、女装友達と一緒に外出したり。

そしてオカマ好きな男性に「可愛いよ、本当の女の子かと思った」と口説かれ、ついに抱かれてしまいました。

女装しているときは自由でした。
「男」の鎧を脱ぎ捨てていられるからです。

こんなに居心地の良い世界があったなんて!

女の子になっていると落ち着くし……もしかしたら、私って心が女の子なのかもしれない(*´ω`*)!!!

そういえば小さい頃は女子の友達のほうが多かったし云々。

そうだ、だから自分は生きづらいんだ。
本当は心が女の子なのに、抑圧されていたのだから!

そのころAさんは女装にのめり込むあまり、仕事に遅刻をしたり休んでしまうなど、社内の信用を失いかけていました。

「自分の心は女の子」と信じているAさんは、ジェンダークリニックに通いだします。
性同一性障害のカウンセリングを受け、ホルモン注射を打ち始めました。

そして半年後、妻とも離婚し、昼間の会社も辞めて、ニューハーフヘルス(風俗)でお客さんを迎えるA子さんがいました。

「A子ちゃん綺麗だね。昔から心が女の子なの?」
「うん、今まで男性で生きてきたけど……ずっと違和感で悩んでたの」

Aさんという男性がいました。
Aさんはもういません。
A子さんがいます。

——

少しホラー仕立てに書いてみましたが、この話をしてくれた年配の女装によると、この界隈ではよくある話だそうです。

恐怖のあまり、金◯がヒュンってなりそうでしたが「ド変態かつ女好きの拙者は大丈夫(*´ω`*)」と少し安心したのでした。

御免!!

「女装したい」男性たちについて語ってみた

  女装男子が増えている?!

皆様こんばんはでござる(*´ω`*)デュフ

前回記事『最初で最後「女装ニューハーフ プロパガンダ」に行った話』では、女装文化の祭典の終幕をレポいたしました♪

若くてレベルの高い女装子さんから、普段はサラリーマンをされている中年の女装さんまで。
本当に色々な層が女装を楽しんでいらっしゃる印象です。

それと同時に驚いたのは、女装子さんの裾野の広さ(;´Д`)!!
Twitterを見渡しても女装アカウントは無数にあります。

ところでソースは不明ですが……男性の12%は女装経験あり、だそうです!!
もちろん何かのアンケート結果だとしたら、これは衝撃の数値ですね。
若年層に限れば、あながち嘘でもない気がするでござる。

では男性はなぜ「女装したい」のでしょうか?
(※真面目な性同一性障害については除いてあります)

学園祭・宴会の余興など

これは学生やサラリーマンにいちばん良くありそうな理由でござるおね。
過去記事『遠い故郷で友達が女装していた話』も似たような話でした。
世間的にも後ろめたくないので公表しやすい「女装したい」動機ですね。

性癖

女装している自分や、女性物の服や下着をつけている事実に興奮する人たちです。
「オートガイネフィリア」といって一種の精神障害という扱いを受けていますが、
拙者はこれかな(*´ω`*)ヂュフフフフ

もっともまだ興奮できるレヴェルにないでござるけど(*´ω`*)

承認欲求

サラリーマンをしていて、誰かに讃えられたり褒められたりってありますか?
年を経るごとに社会的責任は増して上司と部下の板挟みにあい毎日疲弊し、夫婦関係もよくない……

泣けるでござる(´;ω;`)

そんな男性が女装をしてサロンに繰り出し「かわいいね」とか褒められたりしたらどうでしょうか?
ここが私(俺)の居場所よおおおおおおお(;´Д`)

となってしまうかも?!

——

「女装したい」理由は人それぞれ。趣味として割り切っているうちは問題ないのですが……
プロパガンダで聞いた話によるとそんな女装男子を襲う「女装沼」というものが存在するというのです。

え、何その怖そうなの Σ(´ω`||)

後編ではその恐怖の「女装沼」について書いてみるでござるッ!!

では御免!!

最初で最後「女装ニューハーフ プロパガンダ」に行った話

  女装ニューハーフプロパガンダ

写真は最盛期の”プロパガンダ”

ーーーーー

皆様こんばんはでござるヽ(´エ`)ノわっふい

行ってまいりました「女装ニューハーフ プロパガンダ」!!

ニット帽にダウンジャケットという普通の格好で。

過去記事『女装ニューハーフ プロパガンダが終了する話』に書いたように、先週末で最終回だったのでござる。
拙者は女装新参者でござるので、最初で最後の参加だったのですよ(*´ω`*)

なぜ女装しなかったのか、というと…拙者のクオリティでは会場までの移動が難しい。もう職質はいやでござる(´;ω;`)

場所は新宿2丁目の一角。
カーサ・ヴェルデ」という建物の地下です。
新宿三丁目駅を降りて徒歩圏内ですね。

駅を降りてから、スマホの地図を見ながら歩くこと5分。
雑多な繁華街の外れにある印象です。

小さくて目立たないビルですが、近くまで来てすぐにわかりました。
女装さんがたむろしてる!!!

拙者、一度に何人も女装さんを目撃するのは初めてのこと。
いやが応にもテンションがあがります♪

そしてビルの入口にはスタッフとおぼしき方が手荷物検査をしています。
想像以上の厳重さです。

チェックを終え入場料を払っていよいよ中へ!

その瞬間、拙者は息を呑みました。

会場内が人だらけです。
それ以前に地下に降りる階段にまで人が溢れており、そもそも入れません。
異様な熱気の中、DJサウンドが大容量で響いています。

しかも殆どが女装さんとおぼしき方々。
っていうかレベル高えええええええええええ!!!!!

女装しなくて正解でござった(*´ω`*)

知り合いが誰もいないので、とりあえずカウンターでジントニックを注文し、通勤時間の地下鉄東西線並に混雑している会場内をかきわけながら歩いてみます。

…。

あ、あれ大島薫くんじゃね。

わわわわわ本人だああああああああ(´;ω;`)!!!!

さすが女装ニューハーフの祭典。
大物がしれっといます。

さすがに拙者のような雑兵が話しかけられる相手ではないので、別の女装さんにちょっと話しかけてみます。ブラウンのロングヘアで大人系の女装さんです。

「こんばんは、可愛いね。いつも来るの?」

……無視されました。

……次行こ。

「こんばんは。酸素薄いっすねー」

今度違う女装さんはフランクに話しかけてみます。

……無視されました(´;ω;`)

ううう、仕方ない。
キモメンだもんなー拙者(^^)デュフフフ

という調子で何人かに話しかけるも全敗。

プロパガンダつらい。

もうこれで最後にしよう……と思い、ショートパンツ姿でボブカットの女装さんに話しかけてみたら、
やっと口を聞いてくれましたヽ(´エ`)ノわっふい

はっきりいってブ◯な感じの子ですが、拙者も人のことは言えませぬ。
しばらく歓談することに。

話していると、彼女は2年ぶりの参加だそう。
全盛期のプロパガンダを楽しんだ世代で、最終回を見届けにきたとのこと。

やっぱり業界を牽引してきただけあり影響力がすごいのでござるね。

そうこうしているうち、終盤になり主催者さんたちのトークショーが始まりました。

みんな9年の歩みをしみじみと聞いています。
中には泣き崩れる女装さんも!!

ほんとうに青春でござったのですな(*´ω`*)

「プロパガンダは青春そのもの」と言っていた女装友達のM子さん(システムエンジニア)は、仕事相手のサーバーが吹っ飛ぶという悲劇に見舞われ参陣かないませんでしたけど。無念!!

あ、あと拙者がいつもお世話になっている女装通販サイト『女装の山田屋』の店主さんにも会えたでござる!!!
この店主さんはご自身も女装されることで有名で、外見はどうみても美少女……喋ると男らしいという、ギャップ萌えの極致のようなお方です。しかも拙者より年上ときたもんだ(;´Д`)

拙者、がぜんやる気が湧いてきたでござるんるん♪

人が多すぎて酸欠になりかけたけど、とても楽しい夜でした。

では御免!!

女装子さんとデート! カレー屋にいった話

皆様こんばんはでござる(。>﹏<。)♪

前回記事『女装ニューハーフ プロパガンダが終了する話』に書きましたとおり、今夜参加いたしまする!!

というか、まだ出発できてないのでござるよ。

こういう日に限ってどうして休日出勤&残業なんだアアアアアアヽ(´エ`)ノわっふーい

これから支度して参加するでござるね♪

さて、昨夜ちょっとした楽しい出来事がありました。
仕事を終えて晩酌をしていたら、最近よくお話してるベテラン女装子さんからLINEが来ましてな。

まあ、先週日曜日の悲劇(過去記事『女装外出して職務質問された話 前編』)の話など涙ながらに(嘘)したわけです。

そうしたら、ベテラン女装子さん(以下M子さん)が思いがけない提案をしてくれました。

「これから暇? デートしようよ(*´ω`*)」

……。

え!!! マジでござるかヽ(´エ`)ノ!!!!???

かくして拙者も急遽女装し、深夜のデートとなったのでした。

しかもM子さん、車を持っており迎えに来てくれるとのこと。
なんというイケメンでござる(*´Д`)

それから約2時間後、ミドルサイズのツーリングワゴンに乗ったM子さんがやってきました。

「おまたせ、初めまして(*´ω`*)」

小綺麗なロングスカートにテーラージャケットを着た女性女装さんが降りてきました。
すこし内巻きの栗色のロングヘアがふわりと揺れます。

え……。

女性にしか見えないのでござるが、錯覚でござろうか?

というかかわええええええ(*´ω`*)!!!!!!

M子さんベテラン女装って言うからもっと熟女装(失礼)を想像していたのですが……。
ぜんぜんいけますね(*´Д`)ムッハー

と、同時に緊張してまいりました(拙者のような化物、嫌われないでござろうか)。
しかしM子さんは全く気にしない様子。

M子さんはとっても綺麗な方ですが、昼間はちゃんとサラリーマンをされているとのこと(!)
そのまま深夜のドライブをしながら、拙者に色々アドバイスをしてくださいました。
やさしいでござる(´;ω;`)

ふたりともお腹が空いたので夜食を食べることに。
M子さんは辛い食べ物が好きなんだそうで、カレーを食べに行くことに。

行き先は、CoCo壱番屋!!
来店者の性別チェックをすることで有名な、あの店でござる!!!

女装のまま来店するのは躊躇しましたが、M子さんの「ウチがついてるから大丈夫だよ」の言葉で、
勇気を出して入店!!

ココイチチェック!!

伝票のM:が男性。F:が女性。C:が子供。
それぞれの来店人数を表しています。

もちろん男性1名は拙者。

しれっと女性認定(パス)するM子さんただものではないでござる(*´Д`)!!!

ちなみに納豆カレー美味しゅうございました♡
M子さんとまた遊びたいものです♪

では御免!!

女装ニューハーフ プロパガンダが終了する話

  女装ニューハーフ プロパガンダ終了

9年にわたり女装文化を牽引してきたイベントが幕を下ろす。

——

皆さんこんばんはでござるヽ(´エ`)ノわっふい

プロパガンダ……特定の主義や政治思想の宣伝を指す言葉ですが、女装界隈では特別な意味を持ちます。

月に一度、新宿で開かれる女装やニューハーフの祭典をご存知でござろうか。
そのイベントの名は「女装ニューハーフ プロパガンダ

クラブイベントの形式を持ち、様々な女装に関係する出し物が夜を彩る。
女装やニューハーフを中心に彼女たちとの出会いや交流をもとめる男性たちや、果てはサブカルチャー系の若者も巻き込んで、最盛期には一晩で400人以上の来場があったという。
まさに女装界を牽引してきたイベントが、今週土曜日に幕を下ろします。

拙者が初めて女装したのは先月のこと。
残念ながら行ったことはないのでござる(´・ω・`)

昔、このイベントがテレビに取り上げられていたのをみたことはありましたが、当時は女装に全く興味がなく完全スルーでございました。

しかし感化されやすい拙者のこと。
当時、女装文化に触れていたらどハマりしていたことは間違いございません。

なまじ20代で若かったので、勢いで突っ走ってニューハーフになっていた可能性も(;´Д`)

拙者がよくメールをするベテラン女装さんはかなりの頻度で参加されていたらしく、青春そのものだったと語っておりました。

……。

他に楽しみはなかったのかな(´;ω;`)

うん、拙者も青春なかったよ?

とにかくひとつの時代が終わるのは間違いないようです。

そこで……、

拙者プロパガンダ最終回に参陣するでござるんるんヽ(´エ`)ノわっふい

さすがに完成度の低すぎる女装では行けないので、正々堂々日本男子として参じまする♪

では御免!!