女装用品をどこで買えばいいのか調べてみた

 

各々方ご機嫌いかがでござりまするか。

拙者、よたちゅと申しまする。

ついに女装をするため動き出した拙者ですが、
当然初心者ですから右も左も分かりません。

かの古典『徒然草』で兼好法師たんも「先達はあらまほしきことなり(意訳: チュートリアルほすぃ)」って言ってますし。

・まず何を揃えればいいのか?
・服のサイズ選びは?
・メイク方法は?

などなど、最初に検討することはたくさんあります。

それに最大の難関は、

女装用品をどこで買うのでござるか

拙者はただのアラサー歴史オタクです。
しかもルックスはどちらかというとキモ◯タの部類……。

女物の服屋さんをうろうろしていたら不審者ですし、下着なんて買いに行ったら通◯されるかもしれません。

あとコスメ売り場のあの明るさはATフィールドのように男性の侵入を拒んでいます。

……。

そんな途方に暮れる女装侍に救いの手が!!!

それは、

女装の通販サイトです。

通常の女性向けアパレル通販サイトと違い、女装通販サイトは男性が着られる大きなサイズを用意しているのが特徴です。
また、サイトによって郵便局留めに対応していたり(実家暮らしの方は助かりますよね!)、初心者向け講座のコンテンツがあったりと中々良さそう!

後編では実際の女装通販サイトを見ていきます。

ではまた!

制服女装に憧れるので語ってみた

  制服女装

各々方ご機嫌いかがでござりまするか。

拙者、よたちゅと申しまする。

前回の記事「アラサー歴史ヲタク、女装を始める」でひょんなことから、

「女装がしたいでござる女装がしたいでござるじょ(ry!!!」

状態になってしまったアラサー歴史ヲタクの拙者。

武士(もののふ)たる日本男子が女装などという軟弱な文化に憧れるとは!!
という葛藤もなくはないですが、 拙者が尊敬する戦国武将の上杉謙信公は女物のような華やかな小袖を着ていましたし、甥子に宛てた手紙は母親のように優しかったりと、要は私生活や趣味を戦場(社会)に持ち込まなければおk!!! という勝手な自己解釈でこの世界に足を踏み入れることに致しました。

さて、まず今の拙者を突き動かす衝動を一言でいいますと、

……制服が、着たいです……(震え声)

はい、そうでござる変態でござるよ(´ε` )

そうなのです。
前回の記事で、拙者の女装熱に火をつけた女装子さんはJK制服!!!
コスプレの王道ですね。 ミッション系っぽいセーラー服に赤いリボン。紺スカートにハイソックスという服装。
それがとても清楚で、何か青春の甘酸っぱい記憶(ちなみに拙者にそんな記憶はございません)を発掘されてしまった気分なのです。
ああ、暗かった我が青春。

女の子になってキラキラきゃっきゃうふふしたかったああああああああおおおおおおおお!!!!!!

……ハアハア。 主、自重せよ。

というわけで、最初の目標は「制服女装」です☆

目標は決まったものの、拙者は右も左もわからないド素人

どうするんだろ・・・(^q^)

ではまた!

アラサー歴史ヲタク、女装を始める

  著者近影

※画像はイメージです。

各々方ご機嫌いかがでござりまするか。

拙者、よたちゅと申しまする。

このブログのテーマは、表題を見てわかるように「女装」です。
はい。 この時点で「ちょっと……」という御方はお引取りくださいませ。

拙者、一介のもののふ……ではなく、ただのアラサー歴史オタクです。
そんな拙者がなぜ女装ブログを始めることになったのか?

道を踏み外す(?)きっかけは、友人に誘われ首都圏郊外の小さなモーターショーに遊びに行ったことでした。

女装とモーターショー? 一体どんな関係が??

それがあったのでござるよ。

ただの歴史オタクである拙者は、車にはあまり興味がありません。

いまいち気が乗らないまま会場に入ると、ほどなく1人のコンパニオンさんらしき女性に目を奪われました。

年齢は20歳くらいでしょうか。
小柄で華奢、すらっと鼻筋の通った美人。
ちょっとJKっぽいコスプレをしていて、顔立ちはどことなく中性美さえ漂わせています。

思わず隣りにいた友人に「なあ、あの子めっちゃ綺麗だな」と言うと、

友人はしばらく含み笑いをして、

「あー○○ちゃんか、あの子男だよ

へえ、そうなんだ(*´ω`*)

…… …… な、なんだってーーーーーーーーΩΩΩ!!!

子供の頃、こっそり母親の口紅を塗ったりしていた拙者。
すぐにバレて怒られていたのは良い思い出です。
きっと潜在的な願望があったのでしょう。

その瞬間ただのアラサー歴史オタクに火がつきました。

しかも、その女装レイヤーさんを恋愛対象にするのではなく、

自分がやりたい!!

という間違った(?)方向に。

……女装が、したいです……(震え声)

このブログは拙者が女装に挑戦しながら、関連する様々な話題や小ネタを書いていきます。

あと、ときどき歴史ネタも織り交ぜたいですね。

いつまで続くかわからない、いいかげんブログ「女装侍」。

ここに開帳!!!